自毛植毛で肌荒れするリスクは

###Site Name###

敏感肌やもともと肌が弱い人にとって、自毛植毛を受けることで肌荒れがするのではないかと気になる人もいるのではないでしょうか。

植毛は外科施術であるので、場合によって頭皮に炎症を起こす可能性もあります。

暮らしを豊かにしてくれる自毛植毛の最新情報を掲載しました。

確かに、化学合成繊維でできた人工毛による移植の場合は、炎症や皮膚トラブルを起こす恐れが高いといえますので注意が必要です。
そのため、日本ではまだ行われていますが自毛植毛先進国であるアメリカでは、トラブルが多いことからすでに禁止されています。

しかし、自毛植毛の場合は安全性が高く炎症や肌荒れを起こす可能性が低いと考えて良いと思われます。

自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。

産経ニュースをわかりやすく説明しています。

もともと細胞だったものを移植していくので、拒否反応が少ないことから炎症や肌荒れを起こすのはほとんどないのです。



自毛による移植によって肌荒れなどの皮膚トラブルが起こると不安になる人は、もしかしたら人工毛による移植と自毛による移植の区別ができていない可能性があります。

術後のアフターケアをしっかりと行い、クリニックの指示に従って日常生活を普通に過ごしていれば、自毛植毛による施術で炎症や肌荒れが起こる心配は考えなくてよいといえます。

拒否反応が少なく発毛率が高く、ミノキシジルやプロペシアなどの次に薄毛の改善方法として有効だとされていますし、もし心配な場合には施術を受けるクリニックできちんと説明を受けて、納得した上で移植施術を受けるのが望ましいといえます。