2100年、月面生活のイベント

バナー

2100年、月面生活のイベント

2100年月面生活を送っている、ある女性の話しです。

まず、彼女が月面生活を送るようになった理由からお話ししましょう。

安心をコンセプトにした2100年月面生活の情報ならこちらで掲載されています

アメリカにある旅行会社でバリバリ働いていたときに、旅行会社の月にある支店への転勤が決まった事が始まりです。

もともと彼女が旅行会社で企画していたものは宇宙旅行で5か国後を話すことができることもあり、宇宙旅行への添乗員も務めていたので、会社が白羽の矢を立てるのは当然でした。チャレンジ精神旺盛な彼女は会社の辞令を快諾して月面生活を始めたと言うわけです。
月面での勤務を始めた彼女は、月へ旅行へくる方向けにイベントを考え始めました。
彼女が月に転勤し、企画をする以前の月への旅行の目的は基本的には、景色を楽しむということです。

広大な星空が見たい、宇宙に出てみたい、月に行ってみたいと思って月旅行に来たけれど、大きなテーマパークがあるわけでもなく景色を見て、月面を少し歩いて、宇宙食を食べて終わりでした。

月面生活が始まるまでの過程などを見ることができる宇宙科学館がありますが、それは地球でも見ることも学ぶこともできますからね。彼女は2100年にはもっと月旅行を楽しめるようにして、旅行者をさらに増やしたいと思ったわけです。
地球に居る時には、月の表面的な物しか見ることが出来なかった彼女も、月面生活をする人の1人になり、月を月面上で観察する時間が増えたのです。

最初の企画は、月面を歩く時間を長くして宝探しのようなことでした。
徐々にイベントの規模も大きくなりました。
空に大きなスクリーンを張り、宇宙を見上げながら、過去に作られた宇宙映画を見るということを始めました。
次に、月面でのスポーツです。


重力も違うし、球技などの場合はボールが宇宙空間へ飛んで行ってしまうと困るので、月面上の特別な道具によるスポーツです。

月面でのスポーツは大ヒット企画で、滞在期間を長くしたいと言う要望も出て、長期滞在の旅行プランもできました。


ダイエットできる月旅行という企画も大成功で、月面でのランニングや、ヘルシーな宇宙食、規則正しい生活を送るなど、痩せるためのプランです。

昔は太った人が宇宙へ行くと言うことは考えられませんでしたが、ダイエットのために月へ行くということも面白いですよね。

彼女のアイデアは、多くの人を動かすパワーがあり、多くの協力者と一緒に実行されて行きました。



多くの企業を動かしていろいろなことを実現しました。

旅行者だけでなく、月面で生活をしている人達にも影響を与え、大きな信頼を得ています。



生活する人達の意識改善にも役に立つことを多く実行し、生活環境が豊かなものになってきてます。

旅行者が増えたことにより、月面へ移住する人も増えました。

月が一つの国家として認められる時も遠くはありません。

2100年の彼女はまだまだ月面を走り回り、いろんな人と交流し、楽しみながら旅行者と住人のためにアイデアを考え続けています。

Copyright (C) 2016 2100年、月面生活のイベント All Rights Reserved.